Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

呼吸を意識する効果!生きてる実感、自己認識、心身調整、変化、全てに繋がる呼吸。

呼吸を意識する効果!生きてる実感、自己認識、心身調整、変化、全てに繋がる呼吸。

呼吸を感じる事で生を感じる。

呼吸を観る事で自分の心や身体、思考の状態を知れる。

呼吸を整える事で心も身体も整う。

呼吸を調節コントロールする事で自分を変えていくこともできる。

いきなりですが、、、

今どんな呼吸してますか??

その呼吸は早かったでしょうか?

遅かったでしょうか?

呼吸が浅い、深い、

安定してるのか乱れてるのか、、、

など、呼吸はその時々によって変わっていきます。

呼吸の観察

呼吸の状態を観察する事で自分を知り、変化させていくとができる。

ヨガをする時はいつも呼吸を意識してもらいます。
意識してその自分が行っている呼吸を感じてもらってます。

普段はあまり意識しない事も多い呼吸ですが、何故意識しないのか?

それは意識せずとも、寝ていても勝手にしてるからです。

 

だったらいちいち意識しなくてもいいじゃん!!

と、なりそうですが、それではダメなんですね。

呼吸を意識したほうがいいの理由

僕自身もヨガの最中や、暇な時、自分の身体の状態を知りたい時、考え事や、なんだか疲れてる時、お酒飲まずに寝る前などは意識してますが、

普段からずっと意識したりはしていないです、意識しすぎたら他の事が手につかなくなりますから。

とくに、自分の何かの感情に心を揺さぶられた瞬間なんかは完全に忘れてます、、、

そこで、思いだして呼吸に集中!

ってしたら、感情に流された分だけいつも乱れてる事に気付きますが、その呼吸を観察するだけで呼吸が整いやすくなります。

 

呼吸を忘れて物事に追われ行動したあとは、呼吸が浅かったり早かったり、たまに止まってたりもします。

一瞬ですが呼吸が止まってる事も多いんですね。

今もブログを入力しながら一瞬止まってました、、、と言うくらい意識すれば呼吸が止まってる時があったり、乱れていることに気付きます。

もちろん、呼吸の乱れは運動して身体を動かした後は凄く乱れてしまいますが、それは生理的な反応なのでここではおいておきます。

要は何が言いたいかと言うと、、

呼吸は心と身体の影響を受ける

と、言うこと事です。

身体を動かしていたり、

何か考え事していたり、

気持ちのテンション高いとき、

ネガティヴになってるとき、、、

そしてその時時によって呼吸の状態って凄く変わってきます。

でもそれが普通なんですね。

完全にコントロールできる人はほとんどいないと思います、ロボットや機械ではなく人間なので。

人間には五感や思考回路、感情のある生き物、感情があるからこそ、良いも悪いも揺さぶられ、それが生きているとい事の証でもあると思います。

内観こそが本来のヨガ

呼吸を意識してただただ感じてあげることで、今の自分の呼吸だけでなく、自分自身の今の心や身体の状態を少し感じとれる。

呼吸は、息とも言う。

自分の心と書いて息って書き、息の状態って自分の心の状態なんです。

本来ヨガで大切なのは身体の柔らかさや筋力の強さ、そしてポーズや知識、呼吸法をきっちりやることではないんです。

上記のような事は二の次です!

現代のヨガで1番大切な事は、
自分の今の状態を観察する事、知ってあげる事なんです。

※目的によって教え方は全然違います。

が、ヨガの本来大切にしてる事は自分で自分の状態を知る事、知ろうとする事、要は内観です。

そこから次、次とステップアップして段階を踏んでいきます。まずはここからです。

自分を知らなければ目指すものも何も分からず前にも進めません。

内観を通してそこから集中してポーズに入っていき心も身体も整えて瞑想するのですが、

まずはこの内観を通して自分を、自分の状態を知ろうとすること!が、ヨガの始まりでもあります。

そうすることでどうしたら良いのか?などの自分なりの答えが見つかりやすくなります。

呼吸を通して内観

呼吸の状態で今の自分を知る。

呼吸が早く乱れていたら何かに焦っているのかもしれないし何かに怒りの感情などがあるかもしれない、逆の意味で喜びや高揚感などもあるかもしれない。

遅く乱れて、呼吸したり時に止まったりしていれば未来や過去などに不安や恐れなどあったり、気付いたら考え事などをしてしまうクセがあったり、

もちろん安定して整っていれば心身ともに満たされている状態であったり、

言い出したらキリがなく、何度も言いますが、呼吸の状態で今現在の自分自身の心と身体の状態を知れます。

判断ジャッジなどを加えない事で自分の気持ちとも向き合える

呼吸を意識して観察していくことで自分の状態に気付くだけでなく、

何がしたいのか

何をするべきなか

みたいな事が明確になりやすくなります。

呼吸の観察により、頭の中にいろいろな考えが巡る事があり、それらにジャッジを加えずただただ感じていると、少しずつ頭の中のモヤモヤがクリアになり、モヤモヤでスモークがかかって見えていなかった自分の本来の望みや欲求が見えてくる事があります。

 

これって、
ヨガだけではなくて今の生活にも凄く役立つと思います。

 

困ったことがあれば落ち着いてよく考えよう!とか言いますけど、まさにその通りです。

焦ると思い込みが先走り、早とちりしたり、なかなか感情的になって考える事がしにくくなる。

だからこそ落ち着いて考える、

そう言う時こそ呼吸を落ち着かせてからゆっくりと気持ちも落ち着かせて感情に流されないようにしないといけない。

なので、落ち着いて考えれない時は呼吸です。

呼吸に集中して1度頭の中を空っぽにしてリセットしてまた考える。
そしたら新しい何かが考えられたりする。

その普段意識しない呼吸を意識する事で、

自分を内観でき、

気持ちも落ち着きやすくなる、

集中する事で頭の中のいろんな思いや考えなどのザワザワしたものから少し解放される。

ちょっとハイテンションすぎて空回ってしまったり、
人の目や常識、前例なんかに縛られて悩んでしまったり落ち込んだり、
寝れないとき、
もちろん、ヨガをやってる時。

 

いろいろありますが、たまには今この時の自分の呼吸を意識して観察してみる事が、

この複雑でハイテク、グローバルな社会の今と言う時代を生きていく上でとっても大切な事だと思います。

 

呼吸ができなければ人はいきていけません、

呼吸は生きることそのもの、呼吸を感じることで生きている実感も感じれます。

目を閉じて呼吸を感じるだけ

あるがままの普段通りの呼吸を観る、
吸う時吐く時の感覚、
音、
呼吸した時の身体の反応、

呼吸している時の心の反応、
ただただそれを感じる

スッキリさ、気付き、自分の心や身体の状態、目的目標、集中力、眠気、、、笑

何か得られると思いますね。

また、そういった呼吸のやり方なども書いていこうと思いますので、参考になれば、、、と思います。

このブログではこうした自分の思う事、そして勉強してきた事、それを自分で書き出して自分のためにもまわりにも何か伝わって気付きがあればいいなと思って書いていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

マインドフルネスカテゴリの最新記事