Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ヨガ、ファスティング、哲学、心理学を日々の生活に取り入れて心も身体も美しく健康に!

酵素ファスティングの簡単なやり方、ルール(注意点)、回復食について。

酵素ファスティングのルールや注意点、やり方。
できれば摂取しない方がいいNGフードや回復食について書きます。

※以下酵素ファスティングの事をファスティングと書いたり酵素ファスティングと書いたりしていきますが、
全て酵素ファスティングの事を指します。

広告

酵素ファスティングの方法と注意点、NGフードについて

ファスティングについてはこちら

関連記事

ファスティングの重要性、その意味や効果、身体だけでなく心にも変化が出てくるファスティングのメリットについて。デメリットと対策方法↓ファスティングのデメリットと対策方法についてはこちら (adsbygoogle = win[…]

ファスティングの意味は【断食をしている】
と言う意味になりますので、酵素を使用した酵素ファスティングでは

単純に食事をやめ、その代わりに酵素ドリンクを摂取する事です。

酵素ファスティングのやり方

ファスティングは断食をするのですが、まずはその断食する日数を決めます。

・半日ファスティング(初心者向け)

・1日ファスティング(初心者向け)

・3日ファスティング(ファスティングに慣れてから行う方が良い)

と、今回は3つ挙げましたが、

ファスティングを行う期間によってやり方は少しだけ変わります。

ですが、どれも基本的には同じような流れです。


初心者は半日か1日ファスティング

それ以上の日数を行う場合はファスティングを何度かして慣れてきてから行うのをオススメします。

慣れないうちから3日もやると挫折してしまったり辛く感じてファスティングを楽しめなかったりもするため、

リバウンドにも繋がりやすいので初心者は1日までにする方が身体のためにも心のためにも優しいです。

①半日ファスティング

これはいちばんやり易く
しんどさを感じにくい
完全初心者向け&気分転換くらいの簡易ファスティングになります。

ファスティングの前日の夜ご飯を早めにし、消化しやすい少しだけ軽めの食事に変える事がスタートです。

・ファスティング当日の朝は酵素ドリンクのみを摂取。

・昼も酵素ドリンク摂取。

※辛いな~とかイヤなストレスを感じたりして厳しければ
野菜ジュースなど固形物を摂取しない食事や栄養素を摂取しても構いません。


・夜は胃腸に負担のかけない肉や脂っこいもの避けて、消化吸収の良い食事をする

で、翌日からは通常通りに切り替えて大丈夫です。

半日ファスティングの場合は、最低でも1週間に1度はするなど、少しずつ続ける事で効果を感じやすく心も身体も整ってきます。

②1日ファスティング

ファスティングの日(断食日)の前日と翌日は準備食と回復食をとる事
なので、1日ファスティングは合計3日は意識しないといけないです。

準備期間はファスティングに備えて身体を慣らすために行い、回復期間もファスティング後のキレイになった消化吸収の良い体内に刺激を与えないようにするためです。

・前日(1日目)の朝は酵素ドリンクの摂取のみ。

昼は消化吸収の良い食事。

夜も消化吸収の良い食事。

ファスティング当日(2日目)は、朝昼晩と酵素ドリンクのみ。

・翌日(3日目)は前日同様に、

朝は酵素ドリンク、

昼に酵素ドリンクもしくは野菜ジュースなど固形物抜きの食事

夜は消化吸収の良い食事です。

③3日ファスティング

これは3日間の断食、ファスティングなので、
身体のためにも前後の2日間ずつは回復食の期間が必要ですので、
合計7日間の約1週間がファスティング時期になります。


これも流れは同じです。

準備期間の(1日目と2日目)


朝は酵素ドリンクのみ。

昼は胃腸に負担が少ない消化に良く、少量の軽い食事。

夜も消化によい少量で軽い食事。

ファスティング期間(3~5日目)


朝昼晩酵素ドリンクのみ。

回復期間(6日目と7日目)
準備期間と同じように、

朝は酵素ドリンク

昼は消化に良いもの

夜も消化に良いもの

8日目からは少しずつ戻していくような流れです。

この準備期間と回復期間も疎かにせず、何を食べるかしっかり考えて身体に負担のかからない、
少量で消化に良く、添加物も少ないものを摂取するのが望ましいです。

ファスティングのルール(注意点)

ここで注意点です。

絶対してはいけないって事はありませんが、効果を感じるようにするため、結果を出すためにはしない方が良い注意点です。

ルール1:準備食と回復食

ファスティング当日の前後の日の食事は、
前段階として準備食、
翌日の回復食、
として、ファスティング前後に準備期間と回復期間を必ず設ける。

準備食も回復食も、できればジュースや重湯、“少量”のお粥など、
体に負担のかからないモノ

肉や脂っこいものはNGです。

ルール2:NG食品は摂らない

NG食品は摂らない。

酵素を無駄遣いしてしまう食品はだめです。

下記↓NG食品

・高GI食品
・食品添加物
・肉や魚などの動物性たんぱく質
・コレステロールを増加させる過酸化脂質
・トランス脂肪酸
・酵素抑制させる植物の種

などのNG食品は摂らないようにすること。

関連記事

ファスティングの際のNG食品を簡単に、理由と共に説明していきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca[…]

ルール3:アルコールとカフェイン

アルコールやカフェイン、糖分の多い清涼飲料水はNG

アルコールは刺激物であり、分解するのに酵素を多量に使用します。
カフェインもアルコール同様刺激物になりますのでNG。
清涼飲料水は砂糖が多く含まれているため禁止です。

ルール4:水分補給

水をしっかり飲む!

1日に、2リットル以上の水を10回くらいに分けてこまめに飲む。

水分補給で代謝upに繋がり、身体の中にたまった毒素が尿や便、汗などになって排泄しやすくなります。

ルール5:身体を冷やさない

身体を冷やさない、温める!

【体温が1度下がると酵素の約50%の力が低下し、免疫力は37%下がる】と酵素栄養学で言われてます。

ファスティングの効果を高めるためには身体を冷やさないように、温めるようにして代謝upさせ、睡眠の質も上げていきます。

ルール6:睡眠

良質な睡眠をとるようにする。

寝る前に軽いストレッチをしたり、
アロマを香らせたり、
お風呂で半身浴などして身体をしっかり温めたり、
寝る前は携帯など触らないようにしたり、
出来るだけリラックスしやすいような環境を整えておやすみをする。

睡眠とダイエットやホルモンバランスについて


これがファスティング基本的なルール(注意点)です。

オススメの回復食の一覧

お粥で回復食でオススメしましたが、これをファスティング期間に食べるなら、少量!
で摂り、ベジタブルファーストとして水溶性食物繊維の入った野菜も軽く摂るのがいいですね。

準備食、回復食にオススメ食品がこちらです↓

【ま】豆類、豆腐、納豆、

【ご】ごま、ナッツ、アーモンド、発芽させた種

【は】発酵食品、漬物、味噌、お酢、梅干し

【や】野菜

【さ】魚(ファスティング終了後4日の間は食べない)

【し】しいたけ、しめじ、きのこ、まいたけ

【い】芋、穀物、蕎麦

【わ】わかめ、もずく、めかぶ、海藻

ファスティングの説明でよく使われる言葉、
まごはやさしいわ、です。

こういったものを準備食、回復食として取り入れてファスティングを行うのがいいですね。


ただ、ファスティング期間はしんどいと思うこともあります。

関連記事

ファスティングのデメリット(短所や欠点)について考えた事はあるでしょうか?ファスティングを実行する事は、脳や心、そして五感までもが研ぎ澄まされ、身体への作用でも細胞からのデトックスになるため、身体を内側から美しくしてくれて体質を根本か[…]

ある程度は乗り越える意思、頑張りが必要ですが、

ファスティングはこんなルールがあるから!、、、

やり方はこうだから!、、、

と、型にはめすぎてストレスになりすぎたり無理し過ぎたりする方がかえって良くない事もあるので、

特に慣れないうちのやりはじめは無理をし過ぎない事!

自分のできそうなファスティングを選んで少しずつはじめてみるのがいいです。

ファスティングを続けやすくする方法↓

関連記事

ファスティングをすればボディメイクもしやすく、健康にも美容にも心にも良い影響があり、続けていれば後々効果がよく分かり凄くいいものだと言えます。ただそこで問題、、、それは現実的に辛かったりしんどかったりして続かない!とか、続けにくい![…]

簡易ファスティングでも続ければレプチンやグレリンなどのホルモンバランスの正常化にも期待できます。

なので、はじめは無理せず少しずつ行う事をオススメします。

最新情報をチェックしよう!
広告