Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファスティングの辛さを減らし続ける方法!ファスティングの種類や理由別オススメ法

ファスティングの辛さを減らし続ける方法!ファスティングの種類や理由別オススメ法

ファスティングをすれば

ボディメイクもしやすく、健康にも美容にも心にも良い影響があり
続けていれば後々効果がよく分かり凄くいいものだと言えます。

ただそこで問題、、、

それは現実的に辛かったりしんどかったりして続かない!とか、続けにくい!
と断念してしまう事がも多いかと思います。

しかし、ファスティングには種類があり、それぞれの特徴があります。

その種類や、
続けやすくするための原因別のお勧めファスティング方法などを書いていきます。

ファスティングが続かない主な理由

 

ファスティングが続けられない、断念してしまう理由によく聞くのが、

・空腹が辛い

・筋肉量が減る

・リバウンド

・友人や仕事のご飯などの付き合いや誘いを断れない

・薬を飲まないといけない

・仕事中疲れるからできない

など、いろいろあると思います。

 

ですが、

ファスティングだからと言って決められた事を絶対にしないといけないと言う事はないんですね。

辛い時の軽減方法などもたくさんあります。

最低限身体のためにしない方が良いことは控えたほうがいいですが、

そうでない場合で過剰なストレスになるくらい、なら気軽に1度やめてまた挑戦するくらいの方が良いと思います。

無理をしてストレス過多になると、自律神経の乱れで不眠や排便機能低下、コルチゾールなどの分泌により肌荒れとか、

かえって悪化してしまう事もあるので、過度にストレスかかるくらいなら1度やり方を変えてみるのも必要な事です。

食べたらダメ!!

って事にとらわれすぎると余計に辛くなるので、

楽しみながらできる方法に切り替えて考えるのもいいですね♪ 

 

そしてこの記事の本題ですが、

それは軽減方法と言うものではなく、ファスティングにも種類がある事です。

そう、それは食べても良いファスティングもあるのです。

凄い人達がちゃんと勉強して研究を重ね、いろいろと試行錯誤した結果、

実践しやすく目的を達成しやすい、そして身体にも負担になりすぎないファスティングのやり方をなど考え出してくれてる事を少し伝えていきたいと思います。

ファスティングにも種類がある

ファスティングは断食でありますが、現代では数日間絶食!!
と言った完全なる断食ではなく

・プチファスティング

・酵素ファスティング

・インターミッテッドファスティング

など、目的によりファスティングの方法も変わってくるため、種類があります。

どれもプチファスティングと言えばそうなんですが、やり方が細かく違うのであえて分けて書きます。

プチファスティング

これはファスティング方法の時にも書きましたが、絶食する時間を減らす事です。

・朝だけご飯抜いて昼と夜だけ食べる

・絶食期間を1日だけにする

など軽減して続けやすいようにするファスティングです。

続けにくい理由にもよりますが、
その理由はこのプチファスティングをすることでほとんど解消されますね。

酵素ファスティング

これはご飯を食べる代わりに酵素ドリンクを摂取することです。

朝昼晩、そしてお腹が減って辛い時など、この酵素ドリンクを飲んで必要な栄養素を摂取しながら行うファスティングです。

プチファスティングに酵素ファスティングを合わせれば、続けにくい理由も更に改善されると思います。

インターミッテッドファスティング

インターミッテッド=間欠的

間欠的ファスティング

間欠的の意味は、一定の時間をおくような意味合いと捉えてもらったらいいです。

一定の時間だけ食べて、一定の時間だけ絶食するようなファスティングです。

これもプチファスティングのようなものと言えばそうなので、プチファスティングの一種だと思えばいいかもしれませんが、
やり方が少し細かく設定されて名前分けされているプチファスティングです。

また詳しく書きますが、
このインターミッテッドファスティングのやり方にもいろいろ種類があり

・イートストップイート法

・リーンゲインズ

・ウォーリアーダイエット

・隔日断食、日替わり断食

と、やり方に少し差がでてきます。

食べる時間や絶食時間が少し細かく決まってる方法です。

 

プチファスティングは朝だけ、もしくは1日だけご飯を抜く。

その前後くらいは緩やかな食事をする、コーヒーやアルコールなどの刺激物は摂らないなどは普通のファスティングと同じルールですが、、、

 

この間欠的ファスティングでは、
定められた時間だったら程々にではありますが普通に食べてもOKで、
断食中でもコーヒーや緑茶なども摂取してもいい方法
です。

 

・リーンゲインズであれば女性なら12~14時間程度、男性だと16時間は絶食し、他の時間は食べる。

・ウォーリアーでは1日のうち3時間の間だけは好きなもの食べて他の時間帯は絶食。

・イートストップイートは、1週間の間の2日間は何も食べない、他の日は普通に食事する。

・日替わり断食は1日普通に食べて、2日目は500キロカロリー以下に抑える、3日目は普通に、4日目は500キロカロリー以下、、、と交互に繰り返し続ける方法です

など、少し細かい設定があります。

 

他にもダイエット法はありますが、ファスティングのやり方にもいろいろ種類があると言うこと。

種類があると言うことは、目的別に作られている事でもあるし続けやすい方法を選べると言う事です。

続けられない理由に対しての対処法

・空腹がどうしても辛くてできない!

って人、これはもうプチファスティング+酵素ファスティングの合体での半日バージョンです。

昼は緩やかな食事にして、夜は普通に食べれば朝だけ抜いて昼は軽く、酵素ドリンクの栄養摂取もできるのでやり易いと思います。

まずはここからはじめてみるといいです

大事なのは、それを3日に一回とか、週1日ずつでもいいから、自分の目標に達するまで続けていく事継続していくことをオススメします。

・筋肉量が落ちるからできないと言う人

ご飯の食べれる間欠的ファスティングのリーンゲインズや、
日替わり断食+酵素ファスティング、
酵素プチファスティングがいいです。

このくらいの少しの断食時間だと筋肉量が減る程ではなくなります。

ただ、軽い運動は入れるべきですね。

・リバウンドしてしまう

これはファスティングが終わったらすぐ普通の生活、食事に戻ってしまう、もしくは今まで以上に食べてしまう事でリバウンドする事が多いです。

そう言う点では、ファスティングじたいを少しずつでも続けられる方法がオススメなので、
リーンゲインズ、プチ酵素ファスティングです。
この二種類が楽でやり易いためこの2つを選ばせてもらいました。

なにより続ける事が大事
そしてファスティングが終わった後でも、ファスティングをして得た知識や経験を生かして
普段の食事内容や食べ方も意識して少しずつ変えていくことが大切です。

・会食などかある人はプチファスティング

インターミッテッドファスティング全般が調整しやすいですね。

・疲れやすい場合

栄養素の補給ができる酵素ファスティング、プチファスティング、リーンゲインズです。

・薬を飲まないと、、、

これはそもそも薬の種類によりますが、あまり体調がよくない時にはファスティング事態あまりオススメしません。

軽いものやサプリメントなどであれば、ご飯の食べれる日替わりやリーンゲインズがいいですね。

あくまで参考程度に書いたのですが、個人個人によって元々の生活習慣も違うためやり易さも違ってきます。

まとめ

ファスティングには種類があり、食べれる方法もある。

・断食時間を自分で設定するプチファスティング

・食事の変わりに酵素ドリンクを使用する酵素ファスティング

・食べれる間欠的ファスティング
(リーンゲインズ、イートストップイート、ウォーリアー、隔日ファスティング)

自分のやり易いスタイルを見つけて行うとが、自分の理想の状態になるまで続けていくポイントになりますね。

ファスティングカテゴリの最新記事