ダイエット、ファスティング、ピラティス、ヨガ、哲学や心理を日々の生活に取り入れ、健康でイキイキとしたウェルネスライフをおくるための情報ブログ!
まごわやさしい 健康食材

美肌作りやダイエットにも最適な健康食材【まごわやさしい】について

ダイエットやボディメイクなど、美容や健康を増進するには適度な運動や睡眠、そして適切な食事をして栄養補給する事が大切となります。

しかし、その「適切な食事や栄養素ってなに!?」

と疑問に思うかもしれませんが、

美容や健康に推奨されている食品、健康的な栄養補給として推奨されている食品が【まごわやさしい】です。

美しく健康でいるための摂るべきオススメ食品【まごわやさしい】とは

まごわやさしい 健康食材

いきなり「まごわやさしい」がいいと言われても、何かよく分からないと思います。

この【まごわやさしい】とは、バランスの良い食事をするために摂るべき食材の頭文字をとったもので、
これを普段の食事にバランスよく取り入れる事で美容や健康の増進に繋がります。

まごわやさしいの内容

【まごはやさし】の内容とは、

ま=豆大豆や納豆などの【豆類】
ご=ゴマゴマやナッツなどの【ゴマ類】
わ=ワカメワカメや海苔などの【海藻類】
や=野菜緑黄色野菜などの【野菜類】
さ=魚魚や貝などの【魚介類】
し=椎茸椎茸やえのきなどの【キノコ類】
い=イモジャガイモや里芋などの【イモ類】

これが美容や健康にも良いとされる食品で、これらをバランスよく普段の食事に取り入れる事が健康やダイエット、ファスティングにも良いとされます。

なぜ健康的なのか?1つ1つ簡単に解説します。

【ま】=豆類

豆 大豆 まごわやさしい

〜タンパク質豊富で身体を構成する栄養素〜

【大豆、納豆・小豆・黒豆・グリーンピース・油揚げ】など

豆類は身体の組織や細胞を作るのに必要不可欠なタンパク質を多く含み、

その他にもビタミンB群やマグネシウムも豊富であるため、代謝の向上や細胞作りにも最適な栄養の宝庫です。

特に!!

味噌や納豆、豆腐の原料である大豆はアミノ酸や大豆イソフラボンも豊富で、女性ホルモンのバランスを整えたり、体内で発生した活性酸素を除去する効果もああります。

【ご】=ゴマ(胡麻)など種子類

〜アンチエイジング効果が高い〜

【ごま・アーモンド・ナッツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実】など

マグネシウム・カルシウム・鉄分・亜鉛など、ゴマにはミネラル成分が豊富でバランスよく含まれています。

「若返りのビタミン」と言われる抗酸化作用のあるビタミンE(トコフェロール)も含まれ、

セサミンやセサモール、セサミノールなどのゴマ特有の成分によって、

  • 活性酸素の抑制
  • コレステロールの低下
  • アンチエイジング(老化を防ぐ抗酸化作用)
  • アルコールの分解
  • 肌をキレイに保つ

などの働きがあり、弱った肝機能の強化、肥満や動脈硬化の予防にも効果的で美容健康作りには必須と言える食材です。

【わ】=ワカメなどの海藻類

〜ミネラルを豊富に含んだ海からの栄養〜

わかめ・ひじき・海苔・昆布・もずくなど

海藻類はビタミンやミネラルを多量に含み、果物に少ないカルシウムも含んでいます。

ホルモンの材料となるヨウ素は脂肪の燃焼を促し、水溶性食物繊維の働きによって急な血糖値の上昇を抑え満腹感を与えることで食欲まで抑えてくれるため、

ワカメなどの海藻類はダイエットにも最適の食材になります。

【や】=野菜

緑黄色野菜 淡色野菜

〜ビタミンミネラルが多く、種類も栄養効果も豊富な食材〜

・ほうれん草、小松菜、人参、ピーマン、ニラなどの【緑黄色野菜】

・キャベツ、白菜、大根・茄子などのように中の色はうすい【淡色野菜】

緑黄色野菜と淡色野菜はβカロテンの含有量で分けられていて、

基本的な厚生労働省の基準では、【原則として可食部(食べられる部分)100g当たりカロテン含量が600µg(マイクログラム)以上の野菜】が、緑黄色野菜と定められています。

カロテン(ビタミンA)やビタミンCやK、葉酸(ビタミンB9)、カリウムやカルシウム、鉄分など、抗酸化作用のあるビタミンが多く、ミネラルも含まれています。

淡色野菜にも食物繊維やミネラルが多く含まれていて、便秘やむくみの改善やダイエットなどにも効果の高い栄養素が入っています。

野菜も種類によって様々な栄養素があるため、多種類の野菜をバランスよく食べるのが理想です。

【さ】=魚

〜神経伝達や脳の働き必要不可欠な食材〜

サーモン・あじ・鮭・さば・ニシン・イワシ・ブリ・マグロ など

サバやイワシ、ブリなどの【青魚】には、脳の働きを良くする【DHA(ドコサヘキサエン酸)】、【EPA(エイコサペンタエン酸)】という体内では作られない不飽和脂肪酸が多く含まれており、

脳の神経伝達の働きを良くし、神経組織を成長させて脳機能の働きを良くしてくれます。

他にも、動脈硬化や脳血栓、心筋梗塞といった血管の病気を予防する効果もあります。

【し】=椎茸などキノコ類

椎茸 キノコ

〜食物繊維など栄養も豊富で腸内環境にも良く病気を防ぐスーパーフード〜

まいたけ・しいたけ・えのき・なめこなど

キノコ類は食物繊維や菌の摂取もでき、低カロリーでいて美容や健康増進のために必要の栄養素も豊富なスーパーフードです。

食物繊維やビタミンB群、ビタミンD2やカリウムなどのミネラルも豊富で、免疫力をアップさせるβ-グルカンもたくさん含まれています。

【い】=イモ

〜美味しくて栄養豊富でエネルギーも得られるメリットたくさんの食材〜

じゃがいも・サツマイモ・里芋・山芋 など

イモ類は炭水化物が多いため血糖値が急上昇しそうなイメージですが、

中には食物繊維もたくさん含んでいるため血糖値を急激に上げ過ぎることはなく、脳や身体のエネルギー源となります。

他にも、ビタミンやミネラル、抗酸化作用のあるポリフェノールなども含まれている栄養豊富な食品です。

山芋、里芋のネバネバ成分の【ムチン】は肝臓や腎臓機能を強くし、イモ類のビタミンCは熱に強く摂取しやすいと言う、いいとこだらけの食材です。



このように、ファスティングやプチ断食に限らず、基本的には普段の生活でもこの【まごわやさしい】の食材をバランスよく使用した食事をとることが美容や健康の増進、ダイエットにも役立ちます。

まごわやさしい 健康食材
最新情報をチェックしよう!