Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リーンゲインズダイエットの効果や理論、やり方について

続けやすいうえに効果的なダイエット!脂肪を減らしやすい方法!

それがプチファスティングの1つである

【リーンゲインズ】

このプチファスティングのリーンゲインズダイエット方法が続けやすくて精神的にも辛すぎず効果がでやすいので、このリーンゲインズダイエットについて書いていきます。

リーンゲインズとは

このリーンゲインズの前に、まずはダイエットについて。

ダイエットとは?

ダイエットは、

名詞としては【規定食】という意味であり、

動詞としては美容や健康維持のために、食事の量や種類を制限することである。

単純に体重を減らすこと以外にも、
逆に健康のために栄養管理をしながら適正体重まで増加させることも含まれる。

ダイエットの語源

「ダイエット」は、英語の diet の音訳。

語源については、
古代ギリシア語のdiaita(ディアイタ)が元になっていて、その意味が、

【生活様式(生活習慣)】【生き方】

です。

さらに深くいくと、

diaitaという語は、

diaitasthai【生活を導く、リードする】や
diaitan【分離する、飲食物を選ぶ】
という語と関係があり。

ギリシャ語のdiaitaが、

ラテン語のdiaetaになり、

中世ラテン語のdieta【日々の仕事、食事の許容量】

古フランス語の13世紀ころのdieteを経て、

英語のdietになった。

上記は、Wikipediaを参照、引用させていただきました。

要するに、

食事の質や量を選んで調整し、
生活習慣を整え健康的な生き方をしていく事。

少しイメージ変わりますね。

・痩せる

・体重を落とす

・スリムになる

・脂肪を減らす

・細く引き締める

みたいなイメージが一般的ですが、

細すぎる事によって不健康な身体の人が、健康のために食事を改善して筋肉をつけるように太くするのもダイエット、

と言う意味合いにもなりますね。

ダイエットは、
食事を調整して健康的な生き方をする事なので、
やることは食事の調整です。

ただし、一口にダイエットの方法と言っても、目的によってやり方や方法も変わってきます。

リーンゲインズは脂肪を減らしながら筋肉もつけて引き締まった身体を作る。

インスリンやレプチン、グレリンなどの乱れたホルモンの働きを調整し、身体を引き締めて脂肪を減らしやすくなる体質を作るダイエット方法。

前にも書きましたがダイエットにオススメなものの1つはファスティングです。

関連記事

酵素ファスティングの重要性、その意味や効果、身体だけでなく心にも変化が出てくるファスティングのメリットについて。デメリットと対策方法はこちらです↓ファスティングのデメリットについて 目次 […]

このファスティングも健康や美容のために食事のコントロール、調整をする事になり、

その結果として余分な脂肪が減り、代謝能力も上がる健康に良い立派なダイエット方法です。

そしてファスティングにもいろいろな種類があります。

脂肪を減らすためには、
このファスティングを応用したダイエットをするのが運動よりも何よりも大切です。

それがプチファスティングの1つ

【リーンゲインズダイエット】

これは主に、、
食事の時間制限と運動です。

リーンゲインズのやり方

①食事の時間、回数を決める。

やり方は簡単に言うと、
1日24時間のうちの12~16時間を空腹状態にする事。
(男性であれば16時間程度)
(女性ですとホルモンの関係で脂肪摂取した方がいいので12~14時間程度)

残りの8時間ほどは、普通に食べても良い!

※ただし、不規則に間食を繰り返して何でもかんでも食べていいわけではなく、規則的に、8時間なら2回程度にする。

例 )  このダイエット方法をやる前日の21時にご飯を食べたら、、、

そこから16時間は空腹時間を作る。

なので、

翌日の13時までは食事をしない。
13時~21時の間は普通にご飯を食べても良い。

朝食を抜く程度!
だと思えばやり易いですね。

この空腹時間を作ることで、
体内に貯蔵されてる糖質をたくさん使い、脂肪も体内でエネルギーに変換されて使用され脂肪が燃焼されていきます。

②運動して身体を動かす

週に3日間は軽い筋トレや有酸素運動など、身体を動かすようにすること。

週の残り4日間は、休息日として身体を休める

※身体を動かすので、食事はたんぱく質もしっかり摂取する。

※運動する日は、

・炭水化物を多め
・脂質は少なめ

運動しない休息日は、

・炭水化物少なく
・脂質は少し多め(ホルモンバランス調整のため)

に、気を付けて食事する。

メニューを決めてしまえばさほど辛くないダイエット方法だと思います。

覚えてもらうために何度も言いますが、このファスティングを応用したダイエット方法の事を、

リーンゲイズと言います。

インターミッテントファスティングと言う分野の中の1つです。

リーンゲイズのメリット

リーンゲインズダイエットは続けやすく、ストレスがかかりにくいため調整もしやすく効果も得られやすいダイエット方法です。

リーンゲインズはプチファスティングの一種なのでメリットは基本的にはファスティングと似たような効果が得られます。

が、少し違うのはご飯を食べれる事と、食べる習慣を残してダイエットできる事です。

①オートファジー機能が高まる

オートファジー機能は、

いらなくなった不要なタンパク質などをリサイクルしてくれます。

身体の中の細胞がオートファジー機能によって不要なたんぱく質を新しいたんぱく質を作る材料にしたりして、
細胞内のお掃除をしたり、修復したりしてキレイに保つ役割をしている。

古いものを新しいタンパク質を作る材料にしているので、食事で摂取できなかったタンパク質を再生産し、
足りないタンパク質をも補ってくれている。

だから少し栄養足りなくなった時に活躍してくれる機能なんです。

要は細胞のリサイクル&お掃除機能

細胞のお掃除をし、自分の中に貯まった不要な栄養素をも使って補う、
細胞質内の病原微生物なども追い払ってキレイにして病原菌から身体を守る作用もある。

自分で自分のいらなくなったものをリサイクルして自分の栄養素にしてくれる働きのようなものです。

細胞、タンパク質のリサイクル屋さんですね。
この機能を高めてくれます。

②食欲を落とせるので自然とカロリーが減る

これは、満腹ホルモンである脂肪細胞から分泌されるレプチン、食事の正常な量を教えてくれて調整してくれる。
リーンゲイズはそのレプチンの抵抗性を改善してくれます。

お腹いっぱいだよー!って脳に言ってくれる満腹ホルモンとも言われてます。

そして、

胃から分泌される
飢餓ホルモンのグレリン、食欲増進してくれるホルモンです。

このグレリンは記憶力が良くて、いつも同じ時間にご飯食べてたら、たとえお腹が減ってなくてもそのいつもの同じ時間になったら、お腹へってないのにお腹へったー!!
と、脳に言ってくれるダイエット時にはなかなか受け入れにくいホルモンです。

リーンゲイズで
このグレリンの働きを正常化してくれます。

③8時間以内はご飯食べれるので、会食などの予定でも都合つけやすい

仕事をしていたら何かしらの会合や付き合い、お誘いがあったりしますが、それらにも参加できて普段の生活スタイルを維持できます。

④ダイエット効果として、脂肪が減り筋肉で身体が引き締まる

8時間以内に適切な食事をし、他の時間は断食なのでイヤでも身体の中のエネルギーが使われ、リーンゲイズを続けることで燃焼モードになりやすい身体になり、脂肪を減らしやすくなる。

タンパク質を摂取しながら運動もするので、筋肉がついて身体が引き締まります。

※女性は女性ホルモンの働きあるので、軽く筋トレした程度では筋肉肥大しにくいです、むしろ引き締まって細く見えるようになります。

⑤完全なファスティングより取り組みやすい

8時間内は、必要カロリーも2回に分けてしっかり摂取できる、
炭水化物もタンパク質も摂取できて脂質の摂取もできるので、
他のファスティングよりかは食事も楽しみながらできます。

⑥炭水化物が食べれる(個人的なメリットです)

リーンゲイズ中では、
みんな大好きな炭水化物も普通に食べる事ができる。

※運動と休息日によって量は調整した方がいいです

⑦ホルモンバランスも調整改善し、脳の機能も高める

これは、
脳由来神経栄養因子と言う液性タンパク質の分泌を促進して
脳の機能を高めると言われています。

脳由来神経栄養因子は脳の働きと密接な関係があり、記憶などにも関与している脳細胞の増殖には必要不可欠なタンパク質です。

そしてレプチンやグレリンなどのホルモンの働きも改善して正常にしてくれます。

食事をとらない時間を長くすると、
インスリンを分泌する頻度がり、
結果としてインスリン分泌システムの抵抗性を改善していきます。

⑧ミトコンドリアを活性させる

オートファジー機能で細胞がキレイに掃除され、細胞小器官のミトコンドリアも元気いっぱいになります。

ミトコンドリアが元気にれば脂肪燃焼モードに入りやすく、ダイエットにも繋がります。

リーンゲイズのデメリット

これはもうファスティング全般に言える事ですが、、、、、

しんどい。

最初が特にしんどい。

リーンゲイズには軽い運動も含まれるので運動苦手な人はこれもまず疲れる原因になります。

そして中途半端に食べれると思うのは楽なようで甘えが出やすいため、最初が特につかれます。

が、決められた時間は食べれるから少しは気が楽かもしれませんね。

リーンゲイズの注意点

・設定時間を決め、その範囲内のみ食事をする。

・時間内でも過度な食べ過ぎや暴飲暴食はしない。

・食事内容も休息日と運動日に合わせて調整する。

・時間外では飲み物は大丈夫ですが、糖分の入ったものは基本的にNG!
砂糖の入ってない紅茶、ウーロン茶、緑茶、ハーブティ、コーヒーなどはOK!

・長く続ける事、短くても1ヶ月は続けて様子を見るのが望ましいです。

酵素ファスティングでは、

消化酵素を出来るだけ使用せず代謝酵素の働きを良くして体脂肪を落とすダイエットで、
脂肪燃焼、内臓機能の回復、腸内環境の改善、代謝や新陳代謝を良くする事を目的とした健康美容ファスティングで効果は高いですが、なかなか続けるのに気合いがいります。

今回のリーンゲイズは食事がしっかりできて体脂肪を落としながら筋肉をつけたり、ホルモンの働きを調整しながら痩せる体質に改善していくボディメイクに適したダイエット方法です。

※リーンゲイズでは糖分の入ってる酵素ドリンクは約8時間の絶食期間には飲まずにする方がいいので、食事できる時に飲むのが効果的です。

健康になれば美容に繋がりますし、

身体の内側から美容を求めれば健康にも繋がります。

他にもダイエット方法、ファスティング方法はありますが、

なにより大切なのは、
自分に合いそうでしっかり続けられそうなファスティングを試してみるといいですね。

まとめ

リーンゲイズ方法は、

・16時間程度の断食時間を作る。

・決められた8時間内で食事する。

・運動は週に3~4日する。

・運動しない休息日を3~4日作る。

・食べ物の栄養素に少し気を配る。

・飲み物は糖分が入ってないものを選ぶ。

・短くても1ヶ月程度は続ける。  

ファスティングはどれもやりはじめは辛く感じるものですが、

このリーンゲインズは普段の生活でも比較的に取り入れやすく、筋肉が減る心配も少ないプチファスティング方法です。

即効性はあまりなく、すぐやめれば劇的な効果は望めませんが、少しの間続ける事で効果が出てくるダイエット方法で、

続けることで身体の機能改善にも繋がりやすくなります。

ファスティングでのダイエットがキツイと思う時や筋肉量を減らさず体脂肪を減らしたい人なんかは1度試してみるのもいいかもしれませんね。

広告