Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マインドフルネスとは?意味や効果。集中力を高め心や脳を強化、人生をシンプル克つ効率的にしてくれる気付き

マインドフルネスとは?意味や効果。集中力を高め心や脳を強化、人生をシンプル克つ効率的にしてくれる気付き

今回はマインドフルネスについてです。

マインドフルネスの意味や効果、

マインドフルネスがもたらす変化や脳の働きについて書いていきます。

今ではヨガが流行ったり、自己啓発や精神的なジャンルでもよく聞くようになったこのマインドフルネスですが、、、

マインドフルネスの意味

早速ですが、まずは言葉の意味からです。
このマインドフルネスのマインドフル/mindfulという言葉は英語でよく使われていて、

【〜に留意する、気にかける】

という意味です。

そしてこの
ネス/nessは、【〜の状態、~の性質】を表すので、

マインドフルネス/mindfulnessとは
気を配る状態、留意する状態

という意味になります。

1970年代、
マサチューセッツ工科大学で分子生物学の博士号をとり、同大学にマインドフルネスセンター(ストレス低減センター)を立ちあげ大学医学部教授となった、

マインドフルネスの必要さを世に広めてくれた人、

ジョン・カバット・ジン博士

ジョンさんが実践してたくさんの実験や研究をした結果、

このマインドフルネスが人の脳や健康にもたらしてくれると、

糖尿病や高血圧、恐れや不安などの感情、鬱、睡眠障害などに効果があることを証明されました。

ジョンさんのマインドフルネスの定義は

「意図的に今のこの瞬間に、

判断せずに注意を払うこと」

そのままですね。
意識的に今のこの現実を良い悪いなどの判断を加えず客観的に自分の状態を感じ観る事。

前回も書きましたが、普段意識しない呼吸を意識して感じてあげる、そこに良し悪しの判断を加えない、ただただ感じるだけ。

マインドフルネスの効果、脳が強くなる

ジョブズも言っていたこれ

以下の引用は、
「スティーブ・ジョブズ」(ウォルター・アイザックソン著)より

【じっと座って観察すると、自分の心に落ち着きがないことがよくわかる。

静めようとするともっと落ちつかなくなるが、ゆっくりと時間をかけて落ちつかせると、

とらえにくいものの声が聞けるようになる。

この時に直観が花ひらく。
物事がクリアに見え現状が把握できる。

ゆったりとした心で、今のこの瞬間が隅々まで知覚できるようになる。
いままで見えなかったものがたくさん見えるようになる】

その通りですね。
まさにこれがマインドフルネス瞑想です。

本当に呼吸しているだけで、外から見れば姿勢を正してただただ座って呼吸をしているだけ。

それでも、自分の内側では限りなくいろいろなものが浮かんでは消えて浮かんでは消えて、、、を繰り返します。

それを繰り返していく中で見えてくるのが、自分の状態、過去の記憶、感情、未来への渇望や希望
外から見たら座ってるだけでも、散漫な労力ではなく無駄な労力を使わず頭の中が動いてきます。

そしてだんだん落ち着いてきて、無にはなったことはまだありませんが、頭の中でゴチャゴチャしていたものの中の本当に必要な何かが少し見え隠れしていきます、

それが気付きの瞑想と言われるマインドフルネス瞑想です。

そして気付くだけではないです、
強くなります。

身体ではなく、心が強くなります。
慌てたり焦ったり、言われた事を気にしたりとか、そういった問題に対して対処しやすくなったりします。
科学的に言うと脳が強くなりますね。

注意力散漫な脳の働きがまとまり脳の休息にもなる。
そして集中力も高まり選別や判断が下しやすくなります。

集中力や判断力が高いと言うことは起きた物事にも対処しやすくなります。

脳の簡単な基本的な働き

脳の中にもいろんな分野を司っている場所があり分けられています。

大脳辺縁系

脳には大脳辺縁系という感情や記憶など情動反応を司る脳があり、

大脳新皮質と言う理論的思考、人間特有の認知機能や理性を司る脳があります。

この大脳辺縁系の感情脳が揺さぶられていろんな感情が、
不安や恐れなどの感情から逃走や闘争反応が出てくるんですが、これは正直勝手に出てくるから抑えようがないんです。

大脳辺縁系の海馬と言う記憶を司るとこが刺激され扁桃体と言うアーモンドみたいなものが肥大して不安や恐れを感じ自分の心と言うものが揺さぶられます。

どうしようもないんですね。

しかし、それを少し和らげることができるのが理性です。

大脳新皮質

その中の前頭葉と言う場所、
この前頭葉を鍛えることによって扁桃体を刺激して少し抑える事ができます

扁桃体の働きを抑えれば不安や恐れなどの感情も減ります、人目を気にしすぎて悩んでいる人も、この扁桃体の肥大を抑えれば過度に気にしすぎることは減ると思います。

話はそれますが、ヨガの先生は人前でお話したりポーズを披露したりします、

僕自身人前での話は全く苦手で赤面したり言葉が詰まったりするタイプだったのですが、ヨガや瞑想を通して少し軽くなりました。
馴れたのもありますが、昔を思えばかなり改善してます。

勉強して調べてこういった理論理屈があった事には本当に驚きです。

意識現象などは別として、感情の出やすさ抑えやすさなど精神的な事ですら科学反応というのが本当に凄い驚きでした。

安定剤など薬で気持ちが落ち着くんですから、精神性と言っても科学の世界でもありますよね。

話を戻します。

大脳基底核

呼吸の中枢の脳は大脳基底核と言う場所ですが、生きるために勝手に動きます。

呼吸もそうですし、体温の調整なども行います。

呼吸の中枢は大脳基底核で勝手に動いてますが、理性、自分で意識して深める事ができるため、その呼吸を意識的コントロールする事によって前頭葉が活性化されます。

要は、前頭葉が活性化されればこの扁桃体が萎縮して不安や恐れなどの感情抑えられると言う流れです。

マインドフルネスの効果

そしてこのマインドフルネス瞑想、気付きの瞑想が前頭葉を活性化させると世界、そしてアメリカなどでは盛んに研究されて明らかになってきてます。
だから流行ってるんですね。

これから先の世界にもどんどん必要性が高まってくるものだと思います。

ビジネスの世界でも集中力を高める、脳を休めてクリアにさせるなど、生産性をあげるためにも注目されています。

運動選手なんかも不安や恐れなどの余計な感情を少し抑え集中力を高めるためにマインドフルネス瞑想してる人も多いと聞きます。

が、まさにそれなんですね。

研究云々ではなく、やってる人、実践して尚且つ続けている人が多い。
しっかりやってて結果がでてるからやめずにやっている。

これなんです。

・ストレス軽減して自律神経、心の安定

・脳の休息で雑念を払い睡眠の質を上げる

・集中力判断力UPで仕事の効率化

・前頭葉の働き活性で免疫力UP

・ホルモンのバランスを整えダイエットなど、

タダでできるのに良いことがありすぎてやらないなんてもったいないくるいです。

仕事を効率化よく生産性をあげたい、
クヨクヨする自分を変えたい
心も身体も元気になりたい強くなりたい
ストレスを減らしたいなどなど、
コミュニケーション能力ですら関係してきます、そのためにはお金かけて習い事や勉強も必要、それと同時にタダでできるこのマインドフルネスもその勉強の効率を上げるために必要ですね。

理屈抜きに結果出てるから注目されて世界で研究もされ、優れた人達もマインドフルネス瞑想を続けているんですね。

マインドフルネスの基本的なまとめ

要は、
マインドフルネス瞑想をする事によって、
前頭葉が活性化され大脳辺縁系にある扁桃体を刺激して働きを沈め、
不安などの感情が抑制されてストレスホルモンの低減になり、
そして余計な事を考えなくなり集中力が上がりクリアになり判断力がつき行動的になり良いパフォーマンスがでてくる。

これです。

これなんです。

ただの呼吸、

マインドフルネス瞑想、

きっと続ければ分かります。

1日1分

慣れてきたら2分、3分、5分、、、、
少しずつ無理なく続けてみて、観てください、本当にオススメです。

そして1番大事なのは続けることです。

研究でも2ヶ月間毎日

3ヶ月、、半年、、と少しずつ続けていれば何か自分の中で変化が起き、人生変わるかもしれないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マインドフルネスカテゴリの最新記事