Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ヨガ、ファスティング、哲学、心理学を日々の生活に取り入れて心も身体も美しく健康に!

マインドフルネス瞑想を行えば集中力が向上し、仕事の生産性や創造性が高まり、ストレス対策にもなる事で有名ですが、

それだけではなく、マインドフルネス瞑想は【プチ断食】や【ダイエット】にも効果的であり、自律神経やホルモンの作用にも働きかけ行動にも変化が出るためダイエットの成功率も高まります。

マインドフルネス瞑想がプチ断食やダイエットに効果的な理由

瞑想なのにダイエット効果なんかある!?

と考えてしまいやすいですが、

マインドフルネス瞑想を行えば判断能力や意思力も上がり、行動や脳など心身の状態にポジティブな変化をもたらしてくれるため、

マインドフルネス瞑想はストレスからの肥満対策や食事制限にかなり効果的でダイエットの成功率を高めてくれるものになります。

ストレスの低減がダイエット効果を高める

太るためには食べる事です。
逆を言えば食べ過ぎたら太ると言う事になります。

その食べすぎる原因として挙げられる理由としては、
食事内容や食事の時間、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因があり、ストレスもそのうちの1つです。

ストレスが過食を引き起こす

ストレスによって寂しい気持ちやイライラして怒ってしまう時などは気持ちを落ち着かせるために過食気味になりやすくなる人も多く、

この過食傾向にある人は満腹中枢の正常な働きが鈍ってしまい、
必要以上にエネルギーを摂取してしまう習慣がついて太りやすくなります。

そのため、ストレスを軽減させる効果のあるマインドフルネス瞑想は過食行動を抑えるために効果的な方法になります。

マインドフルネス瞑想はストレスホルモンの分泌を抑制する

ストレスホルモンと言われるコルチゾールは外的ストレスから身体を守るために脂肪を体内で蓄えやすくする働きがあり、

マインドフルネス瞑想によってそのコルチゾールの分泌も抑えられる事で脂肪を溜め込みにくい身体にもなります。

ストレスは万病の元とも言いますが、マインドフルネス瞑想でそのストレスを軽減させる事は人生を楽しく生きていくためにもダイエットにも役立つ方法です。

心が整い自制心がつく事で食事制限ができやすくなる

マインドフルネス瞑想をする事で前頭前野の灰白質が増え前頭葉が活性化される事で
衝動的な行動や恐れや不安などの感情も抑えられ、それと同時に自制心も向上されます。

この前頭前野がしっかり機能していれば自分をコントロールするために自制しやすく、

ダイエットなどの目標があれば欲望に負けない脳になり断食やプチ断食中でも食事の誘惑にうち勝ちやすくなります。

呼吸のコントロールで衝動的な食欲を抑えられる

他にも、瞑想では呼吸のコントロールをする事もあり、たとえ1分でも呼吸を意識してコントロールする事で
沸き上がってきた思いや感情を落ちつかせる事ができ、衝動的な食欲を一旦落ち着かせる事もできるようになります。

プチ断食にも効果的

リーンゲインズダイエットなどのプチ断食は食事時間の制限が主になるため、1日のうちの断食時間はお腹が空いて食事を摂りたくなりますが、

食事をしたいと思った時にマインドフルネス瞑想を1~3分程度行う事で心や自律神経系が整い食欲を抑え断食時間中でもストレスを軽減しながら食欲を抑えやすくなります。

リーンゲインズダイエットでは1日のうち16時間断食、残りの8時間は食事してもいいダイエット方法のため、

寝ている時間を合わせれば一時的な断食時間も少ないためマインドフルネス瞑想とは相性がいいダイエット方法になります。

関連記事

無駄が省かれた方法で、ダイエット効果も高い健康法の1つに【リーンゲインズ】と言う方法があります。今回は、その無理なく痩せる事ができる【リーンゲインズ】のやり方や効果などを徹底的に解説していきます。リーンゲインズは魅せる身体作[…]

リーンゲインズ 効果

五感が整い無駄な食事量が減らせる

食欲は空腹感だけでなく、手近な所に食べ物があれば暇な時や口寂しい時などにも食べたい衝動にかられます。

そんな時に五感が優れていれば自分の身体の声に耳を傾ける事ができやすくなり、

・本当に身体栄養を欲しているのか

・口寂しさや状況に流されて食べたいと思っているのか

など、本来の自分の欲求に気付きやすく食事量の調整がコントロールしやすくなります。

満腹中枢の働きが正常化される

マインドフルネス瞑想で五感や自律神経が整う事で満腹中枢も正常に働きやすくなります。

そのため、ダイエットで成功率をあげるためにも五感の働きを整える事も大切と言えます。

呼吸と自律神経の安定によりエネルギー代謝が上がる

マインドフルネスでは呼吸を意識する事がありますが、呼吸は意識するだけで普段の呼吸より深くなっていきます。

呼吸が深くなれば体内の酸素濃度も増え代謝が上がり脂肪燃焼効果も高まります。

更に、マインドフルネス瞑想を行えば交感神経と副交感神経のバランスがとれ自律神経が整いやすくなります。

自律神経のバランスが整っていれば満腹中枢も正常に働きやすくなり、必要以上の過食が減りやすく適切な食事量を摂りやすくなります。

集中力が向上して食欲を抑えられる

集中力と食欲は関係なさそうですが、集中力があれば食べたいという意識の対象を別のモノに変えて集中する事で食欲を抑えられます。

例えるなら、食欲が出てきた時は本を読んで集中したりスクワットやバーピーなどをして軽く身体を動かしたり

仕事があれば仕事をしたりするなど、何か目の前の作業に集中する事で食べることに意識が向いていた状態から意識をそらす事ができて食欲を抑えられやすくなります。



このように、マインドフルネス瞑想を行うだけでもかなりダイエット効果が高い事が分かります。

食事制限や運動がなかなかできない人、続かない人はこのマインドフルネス瞑想を1日数分取り入れるだけでも食欲や自分の目的などに気付きやすく、目標とするダイエットの成功率を高めてくれます。

ダイエットのためでも毎日続けるのは難しい場合の対処

マインドフルネス瞑想はやらなければ効果を感じる事ができないですが、
もし1日数分、これを毎日続ける事さえ難しいと感じるならば、

食事をしたいと思ったその時だけでも軽くマインドフルネス瞑想をするだけで効果を感じやすくなります。

何かを口にしたいと思った時、ストレスに晒された時など、その時だけでもいいから1度立ち止まって深い深呼吸をしてみる、

そして自分が今本当に食べたいかどうか、、を1度考えてみると意外と必要ないと感じる事もあり、
少しの瞑想でもストレス値が軽減する事で無駄食欲を抑えたりする事もできます

このように、食欲にかられた時にマインドフルネス瞑想を1分程度行うだけでも心を落ち着かせる効果はあります。

出来れば毎日数分でも続ける、それ以外の時でも食欲や誘惑に負けそうな時は、

一度心を落ち着かせるためにマインドフルネス瞑想を行ってみるのもダイエット効果を高める1つの方法、コツになります。

最新情報をチェックしよう!