ダイエット、ファスティング、ピラティス、ヨガ、哲学や心理を日々の生活に取り入れ、健康でイキイキとしたウェルネスライフをおくるための情報ブログ!
8時間ダイエット やり方 ルール
あずーる
8時間ダイエットって知ってる!?
簡単で痩せる効果も高いらしいよ!!
ケン
うん、知ってるよ~、16時間のプチ断食で一時期流行ったよね♪
あずーる
そうそう!やってみようと思うんだけど、知ってるならどうしたらいいか教えてよ~
ケン
おっ!それは良い心がけだね!あずーるは最近お腹の肉プヨプヨしてきたもんね!
実践できるように簡単に説明していくね!

8時間ダイエットはやり方が簡単で、無理なく痩せやせるダイエット法!

8時間ダイエット 痩せる ダイエット

今回の内容である8時間ダイエットは、世界的に有名な男性向けフィットネス雑誌『メンズヘルス/Men’s Health』の編集長に抜擢された、

【デイビッド・ジンチェンコ(David Zinczenko)】が提唱した、世界的に有名なダイエット方法です。

8時間ダイエットの簡単なルールとやり方

8時間ダイエット やり方 ルール

この8時間ダイエットは簡単でダイエットのためにシステム化された方法で、

  1. 1日(24時間)の内、16時間の断食を行い8時間の中で食事を済ます
  2. 食事内容に2種類のスーパーフードを摂り入れる
  3. 1日8分の軽い有酸素運動を実践する
  4. 断食時間でも水分補給をこまめにする

と、言うものです。(詳しくは下記に記載)

食べる時間と断食時間の調整をする

これは1日24時間の内、16時間を断食時間として設ける事、そして残りの8時間の内に1日分の食事を済ます事が1つ目のルールです。

8時間ダイエットの良いところは、断食時間を○時~○時までにするのかを自分の生活スタイルに合わせて自由に決められるとこが魅力の1つです。

そのため、会社の休み時間が13時から1時間とれる会社なら、13時~21時までを食事しても良い時間にし、

21時~13時までを断食時間として、糖分の入ったものや固形物の摂取はしないようにする。(水分は積極的に摂取する)

上記の時間は例えですが、自分の生活スタイルによって断食時間を調整できるので、朝食抜きか夕食抜き程度と考えれば実践しやすいダイエット方法と言えます。

食事内容に2種類のスーパーフードを摂り入れる

摂り入れるスーパーフードは下記↓

  • 卵や肉類(脂身の少ないもの)
  • 乳製品
  • ナッツ類
  • 豆類
  • ベリー系の果物
  • 明るい色の果物
  • 緑の葉野菜
  • 穀物(玄米など)

毎日の食事にバランス良く栄養価の高いスーパーフードを二種類選び、摂り入れるのが2つ目のルールになります。

1日に数分(約8分程度)の軽い運動を実践する

軽い運動 エクササイズ

8時間ダイエットでは断食時間を設けるだけでなく、1日約8分程度の軽い運動を行う事も必要なルールになります。

スクワットや腕立て伏せなどの自重トレーニングや、自分に合ったヨガやピラティスなどの軽い運動を実践していくようにする。

断食時間中でも水分はこまめに摂取する

食事をする時間帯だけでなく、断食時間中もお水やお茶などの水分はこまめに摂取するようにする。

飲んでも良いものは、

  • お茶
  • ブラックコーヒー
  • ゼロカロリー飲料

などのエネルギー源となる糖分の入っていない飲み物は飲んでもOK!



と、言う感じで、この4つのルールを守ってプチ断食に取り組めば痩せやすくなるよ~って言うのが8時間ダイエットです。

他のダイエット方法よりも簡単で実践しやすい

8時間ダイエットのやり方は他のダイエット方法と比べると楽で実践しやすいことも特徴の1つで、

厳しい○○制限ダイエットや特別な料理や調理にするダイエット方法、細かいカロリー計算をするような小難しいダイエット方法とは違い、

断食時間を作ってスーパーフードを摂り入れ、軽い運動と水分補給をするだけの簡単なダイエットなため、すぐにでも始められます。

このサイトでオススメしているリーンゲインズの簡易バージョンのようなダイエット方法です。

リーンゲインズについてはこちらから↓

関連記事

ケンリーンゲインズって知ってる?あずーる聞いたことはある!プチ断食のやつでしょ?ケンそうそう!リーンゲインズは魅せる身体作りのためのダイエットやボディメイクにも最適で、、、[…]

リーンゲインズ プチ断食

ただし!!

ここまで言ってきましたが、8時間ダイエットにも落とし穴と言える注意点もありす。

8時間ダイエットは楽だけど完全なダイエット方法ではない

8時間ダイエットは食事時間を1日8時間の間だけにするため、食事回数が格段に減りやすくなります。

食事の回数が減ることで自然とカロリー制限が出来やすく、体重も落ちやすいという仕組みのダイエット方法となります。

他にも、運動やスーパーフードも摂り入れるため痩せやすくはなりますが注意点もあります。

1回の食事量に注意!

食べ過ぎ 過食 カロリーオーバー

元々食指回数が少なく、一回の食事量が多く爆食いするタイプの人にとってはあまり変化が感じにくい可能性がでてきます。
(8時間以内は好きに食べても良いと表現されているため、カロリー量のオーバーになりすい)

その他にも、

運動量の設定が少ないのも注意点の1つ

運動量が8分となっているため、8分と言う短い時間内に『HIIT』などの激しい運動をするなら効果はあるかもしれませんが、

緩やかな運動を8分程度するだけでは筋肉量のアップは望みにくく、

脂肪を減らしながら筋肉を維持できるようなキレイなダイエット法にはならず、ただ痩せてやつれたような印象を与えてしまうダイエットにもなってしまう可能性も高まります。


美しく健康的になるためのダイエットでは食事制限と運動は欠かせません!!

上記のように運動量の少ない8時間ダイエットはリバウンドの可能性があり、ただ痩せるだけのダイエットになる可能性も高くなるのが注意点です。

そうならないため(8時間ダイエットを失敗させない、成功させるため)に必要なコツが下記のような事です。

8時間ダイエットの効果を高めるための方法は、8時間ダイエットに一手間加えるだけ

8時間ダイエットは比較的簡単に痩せやすい方法ですが、

  • 過食やカロリーオーバー(一回の食事で食べ過ぎ)
  • 就寝時間寸前にご飯を食べる(寝る前のご飯)
  • 睡眠不足(睡眠の質が悪い&時間が少ない)
  • 食事量を極端に減らす(少量で1日1回など)
  • 運動を行わない(運動量が少なすぎる)

上記のような状態には気を付けるようにする。

ただ食事時間を制限するだけで痩せる事はなく『摂取カロリーや消費カロリーのバランス』『睡眠の影響によるホルモンや自律神経のバランス』『運動量』など、これらのバランスを整える事がとても大切になります。

そのため、

8時間ダイエットを実践してなかなか上手くいかないと感じた場合は、

  1. カロリーの計算を取り入れる(感覚でもいいので食事量に気を付ける)
  2. 食事内容も低GI食品にしてみる
  3. 『軽い有酸素運動』+『筋トレ』も取り入れてみる
  4. 睡眠はしっかりとるようにする(寝やすいように環境を整える)

これらの事を意識して8時間ダイエットを行うのが望ましい結果をもたらしてくれます。



食事時間を減らすだけで痩せるような劇的な効果はありせんが、

食事内容や運動のバランスを上手くとって8時間ダイエットに取り入れれば、かなり効果のあるダイエット方法にもなります。

『どんなダイエット方法がいいのか?』

と悩んでいたり、

『他のダイエット方法で失敗した人』

など、これらに当てはまる人は、

ダイエットの手始めとしてプチ断食の8時間ダイエットを実践してみることをオススメします。

8時間ダイエット やり方 ルール
最新情報をチェックしよう!