ダイエット、ファスティング、ピラティス、ヨガ、哲学や心理を日々の生活に取り入れ、健康でイキイキとしたウェルネスライフをおくるための情報ブログ!
ダイエット 続ける リバウンド コツ
  • 痩せてキレイになりたい!
  • 細くなって細身の服を着こなしたい!
  • 減量して身体を楽にしたい!
  • 健康的になりたい!

などなど、様々な理由でダイエットに挑戦している人も多いかと思います。

しかし、ダイエットの問題点でよくあるのが、

  1. 目標とするところまでダイエットが続かない!
  2. 痩せたからダイエットをやめたけどリバウンドしてしまった!

と言うことが、ダイエット中やダイエット後の問題点としてよく挙げられるので、

今回は、

リバウンドする可能性が低くなって、尚且つ簡単にダイエットを継続させやすくするコツと方法についての内容です!

ケン
具体例もあるので、今回も少し長めの内容です。

『食品の置き換え』と『認めること』が重要!ダイエットを継続させてリバウンドをなくす方法

ダイエット 続ける リバウンド コツ

ダイエット以外でもなんでも言えることですが、

『継続は力なり!』

という言葉があるように、

目標を達成して成果を出すためには、どんなことでも継続する事が大切で、ダイエットでも結果を出すためにはいちばん大切なことになります!

基本の基と言うやつですね。

とくに、ダイエットは対人間関係の問題ではないので、

継続さえすれば目標に到達しやすいため、継続力は必ずと言っていいほど必要な力です。

ただし!

『痩せるためや自分の目標とするところまでダイエットを継続させる!』

って言うのは、言葉で言うほど簡単じゃなく難しいです。

 

更にダイエットの問題は継続できるかできないか?

だけではなく、

ダイエットを継続できて目標を達成した場合、当たり前ながらダイエットをやめる人が多く、

このダイエットをやめた後にリバウンドする人もかなり多くいると言うことです。

 

ってことは、ダイエットをずっと続ければいいの!?それってキツクない!?

って感じになりますよね。。。

 

でも、ダイエットを終えてもリバウンドしないようにする方法があります!

それが、ダイエット中にあることを意識していく事です!

何を食べないか!ではなく、何を食べるか!!を考える

ダイエット後でもリバウンドしにくくする方法は、

  • 『何かを我慢して食べないようにする』

のではなく、

  • 『代わりに何を食べるのか』

と言うことに注目をおくのがダイエット中もダイエット後も効果的になります。

ケベック州のラバル大学の研究によれば、

『何を食べてはいけないか』ということに注目したグループはダイエットの成功率は5%を切り、95%も失敗してリバウンドしてしまう結果となりました。

しかし!!

『代わりに何を食べるのか』と言う事に注目した被験者の66%はダイエットに成功し、

更に、1年以上の追跡調査をしてもリバウンドは殆どなかったということです!

つまり、これはダイエット中の過程である食生活が習慣化して、

ダイエットをやめても太りにくい食生活が自動的に行われやすくなり、ダイエット後でもリバウンドする可能性がかなり下がる事が分かっています。

それが、

『何を食べないか!』

ではなく、

『何を食べるか!』

これを考えて取り入れる方法がリバウンドしにくいダイエットのコツになります。

ダイエットを簡単にする工夫は他にもあるので、詳細はこちらを参照↓

関連記事

前回の記事でも書いたのですが、人は無意識の間に知らず知らずのうちに、つい食べ過ぎていることがあります。それが無意識の幅と言うもので、満腹感と言う感覚だけではなく視覚によっても左右されています。詳しくはこちらの記事を参照↓[…]

簡単ダイエット 食心理学 食事量を減らす

ダイエット中の食品を置き換える具体例

これはもう人により様々ですが、例えて言うなら、

  • シャーベットなどのアイス類 ⇒ ミックスベリーなどの冷凍フルーツ
  • 白米 ⇒ もち麦入りや玄米や雑穀米(食物繊維や栄養が豊富)
  • ポテチ ⇒ お雑魚(ジャコ)やナッツ類(ミネラルや良質な脂肪分を摂取)
  • 白砂糖 ⇒ 甜菜糖(低GIでミネラルもあり腸内環境を整える)
  • ラーメン ⇒ 野菜スープ(小麦を失くして野菜の栄養GET)
  • クッキーやパン ⇒ 米粉のパンや米粉のクッキー(グルテンフリー)
  • フライドポテト ⇒ 茹でたジャガイモ(カロリーが格段に低くなる)

といったように、

何か変わりになる、

  1. カロリーが低い
  2. 栄養価が高い

と言ったような食品に置き換える事がダイエットや健康にも繋がります。

 

はじめは意識して置き換える事が辛いかもしれませんが、置き換えて食べてしまえば結構満足感もあり、

続けていけばそれに慣れて、ジャンクフードなどへの欲求も自動的に落ち着いて、先ほどの研究データのように習慣化してくるようになります。

続けるためには工夫する事が大切!(シャーベットは冷凍フルーツに置き換える)

これも例えばですが、

上記のいちばん上に書いた『冷たくてシャリシャリしたシャーベット』のようなアイスが食べたい時は、

アイスクリームやコンビニで売っているシャーベットではなく、

それこそコンビニで売っている『冷凍ブルーベリーやミックスベリー』などのフルーツにする。

 

もし、アイスにも糖分が欲しいと思うのであれば、手間はかかるかもしれませんが、

『甜菜糖(甜菜と言われるサトウダイコンビートから作られる低GIの砂糖)』を溶かしてからシロップ状に冷やし、

それを冷凍フルーツにかければ甘味(かけすぎに注意)も感じられシャーベットのように甘くシャリシャリしたアイスになります。

 

これの場合は砂糖たっぷりのシャーベットよりも、

  • 低カロリーでポリフェノールが入っていて神経の働き良くなる
  • アンチエイジングで老化防止にも良い
  • 糖の吸収が穏やかで血糖値も上がりにくい
  • 熱を生み出しやすくエネルギー消費しやすい
  • 腸内環境を整える
  • ミネラルが補える

など、ダイエット中にも役立つ効果が得られます。

 

ラバル大学の研究のように、

ダイエットは『○○を食べないで我慢する』ことよりも、『健康的にも良い○○に置き換えて食べる』方が続けやすくなります。

それがダイエットを継続しやすく、ダイエット後でも食生活が習慣的になりやすく減量しやすい身体作りにもなると言うことです。

 

他にもっと簡単に例えるならですが、

食生活を和食中心(腸内細菌環境と整いやすく栄養価が高い)に変えていく事もグルテンフリーになりやすく栄養も摂れるのでダイエットには効果的です。


と、いろいろ書きましたが、

要は、

ダイエット中に食べたいと思ったら我慢せずに食べてもいいが、内容を少し健康的な物に工夫する!

と言うことです。

欲求を受け入れて認めることがダイエットに繋がる!?

こんな実験があります。

  1. 学生の前にチョコレートを置く
  2. その学生を2つのグループに分ける
  3. 1つは、食べたい気持ちや欲求を素直に認めてあげる
  4. もう1つは、食べたい気持ちをダメだと認識し、それを否定して戒める(禁ずる、制止する)

この2つのグループは一定時間が経つと、

  • 戒めたグループは目の前のチョコレートを食べてしまった

しかし、それとは反対に、

  • 欲求や自分の気持ちを認めたグループは、チョコレートに手をつけなかった

と言う研究があります。

この研究から分かるように、食べたいと言う気持ちを認めて受け入れる事で、

食べたい欲求はあっても、食べてしまう行為を行動に起こさずに抑制できやすくなってダイエットにも繋がります。

 

もし食べたとしても、食べる量も少ない事が分かっています。

人はダメ!!と言われたら反発して行動したくなる不器用な生き物なんで、

駄目だと思わずに冷静に感情を受け入れて観察する事も大切となります。

 

ケン
これはマインドスルネス瞑想にも通ずる事なんで、ダイエットでの食欲抑制だけでなく、心を整えるためにもいいですね♪
関連記事

ダイエットと言えば食事制限や運動などが挙げられますが、どれも辛いと感じてなかなか続かない経験をした事はないでしょうか?どんなダイエット方法も面倒だし辛いから続かない!そんな悩みを解消する手助けをしてくれるのが脳を変化させて痩[…]

マインドフル・イーティング 食べる瞑想

これらのように、

ダイエット中は食べるモノを工夫し、『エンプティーカロリー(栄養価の低いカロリーのある食品)』なるものを少なくして栄養価の高いものへシフトする事と、

食べたいと言う気持ちを無理矢理抑えつけないことがダイエットのコツになります。

これがダイエットの成功率を高めダイエット後のリバウンドを防ぐ方法です。

 

じゃあ簡単にできるダイエット方法って何!?

って感じなんですが、

これはもうこのサイトで散々書いているプチ断食です。

継続しやすい簡単ダイエットならプチ断食が良い!

ダイエットにオススメしているプチ断食は、

  1. リーンゲインズダイエット
  2. 8時間ダイエット
  3. 5:2ダイエット

です。

関連記事

プチ断食と言えば、半日断食とか、1週間のうちに何も食べない日を1日作るとかありますが、、、あずーる待って!!まるまる1日何も食べない状態ってプチじゃなくて、普通に断食のような気がするけど、、、[…]

プチ断食 ダイエット オススメ

いちばんオススメの『リーンゲインズダイエット』よりはダイエット効果は低いですが、

その分簡単で継続しやすいのが『8時間ダイエット』で、

8時間ダイエットは1日に16時間断食して残りの8時間は自由に食べると言うダイエット方法です。

そこにプラスして、毎日8分程度の軽い運動を取り入れる。

ただそれだけなので、上記の食べるモノを工夫する事と合わせれば更に効果は高まるかと思います。

8時間ダイエットのやり方や注意点の詳細はこちらを参照↓

関連記事

あずーる8時間ダイエットって知ってる!?簡単で痩せる効果も高いらしいよ!!ケンうん、知ってるよ~、16時間のプチ断食で一時期流行ったよね♪あずーるそうそう!やってみようと思[…]

8時間ダイエット ルール やり方

このダイエット方法の場合は、即効性はないがリバウンドも少ない方法なので、

痩せたいなら少なくても『3カ月程度は続けてみる』のがいいかと思います。

ある程度の断食時間のズレや、たまに食べてしまう日があっても、

継続さえすれば問題ないので、少なくても『3ヶ月は続ける』ようにしてみるのをオススメします。

ケン
辛いのは最初の1週間程度で、本当に簡単なダイエット方法です♪

リバウンドをなくしてダイエットを継続しやすくする方法まとめ

簡単にまとめると、

ケン
これがダイエットを継続しやすく、リバウンドを防ぐ方法にもなるので、是非参考にしてみて下さい♪
ダイエット 続ける リバウンド コツ
最新情報をチェックしよう!